神社挙式、神前式、茨城県/近年は茨城県でも、常磐神社、筑波山神社などでの神社挙式の人気が急上昇です。




タイトル最終.png

茨城県央で神社挙式をお考えの方は↓
新ウエセレ.pngTEL:029-304-0023
〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町313-1 TEL:029-304-0023 FAX:029-304-0024
E-mail:mito@wss-mito.com
茨城県南で神社挙式をお考えの方は↓
新ナチュ.pngTEL:029-879-7811
〒305-0025 茨城県つくば市花室1597-1 TEL:029-879-7811 FAX:029-879-7812
E-mail:tsukuba@enchante-wedding.com

(大)神社挙式って.jpg

神社での挙式の良さとは

わっつ01.JPG

★厳かな雰囲気の中で
 本格的な神社挙式を挙げられます

歴史有る神社での挙式は凛とした空気の中でどこまでも神聖で厳かです。日本の儀式に感動が広がります。 また、初詣、子供のお宮参り、厄払いなど、式を挙げた後も日本人は折に触れて神社に足を運びますし、新しい生活を守っていただけるようにお願いしたりすることもできるのも神社での挙式の魅力のひとつではないでしょうか。

お気に入りの衣装で挙式

わっつ02.JPG

★必ず白無垢で!!
 という決まりはありません

白無垢が一般的であり、希望される方がもっとも多い衣裳です。ただ、最近では黒の引き振袖なども新たなブームですし、色打掛やウェディングドレスでかつらを付けず洋髪で挙式される方もみえます。

神社挙式の流れ

★おおまかな流れをつかんでおくと当日スムーズです

①参進
01参進.JPG
 巫女の先導により、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順番で神社へ向かい参道を進みます。

②修祓の儀(しゅつばつのぎ)
 斎主が入場し、典儀が式の始まりを告げます。
 身を清める儀式として、斎主による修祓(清め)のおはらいを受けます。

③祝詞奏上(のりとそうじょう)
 斎主が神に二人の結婚を伝えます。
 (修祓の儀は神前結婚式で最も重要な意味を持ちます)

④三献の儀
03三三九度.JPG
 三三九度の杯を交わし、夫婦の契りを交わします。
 飲み方は、一杯を三口で飲みます。
 杯を交わす順番 
 小杯 - 新郎→新婦→新郎
 中杯 - 新婦→新郎→新婦
 大杯 - 新郎→新婦→新郎

⑤誓詞奏上(せいしそうじょう)
02誓詞奏上.JPG
 新郎新婦は神の前に進み、用意された誓詞を読み上げ、神に愛を誓います。

⑥指輪の交換
05指輪の交換(新婦→新郎).JPG
 まず、新郎が新婦の左手薬指に指輪をはめ、次に新婦が新郎に指をはめます。

⑦玉串奉奠
07玉串法奠.JPG
 新郎新婦は神の前に進み、玉串をささげて、二礼二拍手一礼をします。
 新郎新婦の後に、媒酌人夫妻、両家代表者が同様に行います。

⑧親族盃の儀
08親族杯の儀.JPG
 列席者全員がお神酒を飲みます。
 飲み方は、巫女の合図で三口に分けて飲みます。

⑨斎主のあいさつ
 斎主より祝福の言葉と、挙式の終了が告げられます。

⑩親族集合写真
 新郎新婦が退場し、次に親族が退場します。
 その後、神社敷地内で集合写真を撮ります。

挙式後の披露宴もOK!

わっつ03.JPG


★6名の家族だけの会食から
 100名の披露宴まで!!

家族だけでの会食には、雰囲気のある料亭から個室付きフレンチレストランをご紹介致します。また、遠方からのお客様には、宿泊ができるホテル内レストラン・料亭はいかがですか?
もちろん、親族・友人などの20名〜50名の会食・披露宴は、プロデュース会社で個性的に!!
結婚式場でのご披露宴をご希望の方は、経験豊富なプランナーが親身になって一緒に結婚式場をお探し致します。

茨城県央で神社挙式をお考えの方は↓
新ウエセレ.png
〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町313-1
TEL:029-304-0023
FAX:029-304-0024
E-mail:mito@wss-mito.com

茨城県南で神社挙式をお考えの方は↓
新ナチュ.png
〒305-0025 茨城県つくば市花室1597-1
TEL:029-879-7811
FAX:029-879-7812
E-mail:tsukuba@enchante-wedding.com

★資料請求・ご質問などありましたらどうぞお気軽に、お電話(メール)下さい。

ドレスショップ.png

水戸リンク.psd
ウエディングセレクトショップ水戸
ドレスショップミュール【水戸】
ミュールつくば.jpg
アンシャンテつくば
ドレスショップミュール【つくば】
ブランシェ.jpg
アンシャンテ
ドレスショップブランシェ